アフィリエイト日記54 サイトが飛ぶってどうやって確認しているの?

スポンサーリンク

 

よく耳にするのが

「サイトが飛んで収益がなくなった」

とか

「とんだサイトが復活した」

とか。

 

へーへーぐらいにその記事を読んでいたのですが、最近こう考えるようになりました。

もしかして、もしかして私のサイトも飛んでる?

今日までは自分のサイトは面白くないから集客できていないと考えていたので、地味に言い回しを軽くして読みやすいであろう文章にしたり、興味があることを織り込んでみたり記事を書いていましたが。

 

そもそもサイトが飛んでたら(抹消されていたら)集客できないのは当然のことではないだろうか?思ったんです。

 

そもそもサイトが飛ぶってどういうことなの?

ネットで検索してみたところ

検索エンジンで引っかからない事、サイト自体が消滅したわけではない

という事なのかなと理解しました。

じゃあどうやってサイトが飛んだのを確認しているの?

これは検索するときに自分のサイトの名前を入力して出てくるかで確認するようです。

検索して後方で表示されるときはサイトが飛ばされたと認定して良さそうです。

試に自分のサイトの名前を検索してみたらほとんどのサイトがなかなか出てこなくて、10P目くらいで調べるのをあきらめました。

サイトの名前+キーワードで検索しても引っかからなかったので飛んでると判断しました。

 

あとはグーグルが無料で提供している「ウエッブマスターツール」を活用されている模様です。

 

さてサイトが飛んでいますが自分にできる事って何?

サイトが飛ぶ原因がグーグルのアルゴリズムに有益なサイトでないと判断されることにあるという事と、アルゴリズムを何回も変更し有益なサイトを上位表示させるということから良質な記事をどんどん書いていく。

それこそが今の自分にできる事かなと思います。

ツールを導入する時間があったら記事をかこうと思うので導入はまた次回にします。

 

アナリティクスを見ると必ずしも訪問者が0な日ばかりではないので何かしらの検索に引っかかってそれが訪問につながっているのであれば、引っかかるような記事をどんどん書いてゆき、良質なサイトと判断してもらいたい所です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

広告を非表示にする