アフィリエイト日記60 爆発は長くは続かないと知る

スポンサーリンク

当たり前のことなんですが、爆発は長くは続きませんでした。

先日アクセスがかなりあったサイトがあったと報告しました。

 

ツイッター用語でいうと「爆発」に値するかと思われます。

その爆破でのアクセスを解析すると波が「へ」のようになるんです。

どういう事かと言いますと、アクセスが0ではないけど徐々に上がり始めてへの頂上に達する頃が爆発、その後は徐々に低下していく。

と、言う風に解析しました。

 

アドセンスの収入としてはこの爆発で4ケタに到達したかなというところです。

 

たぶんですがここが自分の頑張りどころだったのではないかと思います。

爆発のあった記事に関連記事をつけてサイト滞在時間を長くする工夫をするとか、サイトに来てくれた方が気になる記事を盛り込んでおくとか・・・なんとかアクセスを増やす努力をしたらよかったと、反省してます。

 

爆発を起こした記事に似た関連した記事を2~3個書いた後に、

SEO的には似た記事は圏外に飛ばされる恐れがある」

と、無料レポートで読んだので、作戦を変更してそれとなく世の中の人々が気になるであろう記事を入れ始めたら

 

余計にアクセスが低下した!

 

ジャンル違いだったからいけなかったのか、自分以外の世の中の人には興味がない記事だったからか・・・作戦が失敗です。

 

まだアクセスは通常営業の1ケタには戻っていないのでチャンスはあると思っています。

 

が、この週末用事で家に居ないーーーー!!!

 

週明けにはなんの手立てもできぬまま通常営業に戻っていることでしょう。さみしいな

 

恐ろしい失敗もしました。

それはトレンドサイト×アドセンスの戦略に手を出したのですが、書いた記事がまずかった。

〇〇と▲▲が結婚

という芸能ネタを見たので情報を信じて、

自分のサイトでは〇〇さんの経歴とか以前付き合っていた人を載せて、▲▲さんは誰なのかって載せて結婚ネタ仕込んで、最後にお幸せに~とか自分の意見入れて記事つくっちゃお~

ぐらいの軽い気持ちで記事完成。

アップ

 

 

数時間後、アナリティクスで集客確認するも、1ケタの集客で他の人はどんな記事書いてるのかな~って検索したら、

 

ネタが事実無根だったと知る。

 

衝撃が走りました。

だって芸能プロダクションサイドは情報源を訴える方針とか情報があるわけです。

という事は1番目に発信した大手新聞社は間違いなく訴えられるでしょ~

てか、誤報記事入れてたら自分もヤバい!!!

っていう思考が衝撃を走らせ、そく記事削除!

 

これが記事爆発を起こしていたら・・・

 

考えるだけでも怖いです。

だって自分には訴えられて払うお金なんてないですもん。

 

最近経験した怖い体験でした。

 

話しは戻ってトレンドサイトでは記事の賞味期限的なものがあるようで爆発しても一日続けばいい方で、これを何回も起こせる記事を書くことが、アドセンスで収益を上げるコツとなるとのことです。

 

手っ取り早く言うと記事を書き続けろってことなんですけど。

 

自分はサイトの構成が今は気になってしょうがないです。サイドバーをこうするにはどうしたらいいのかなーって検索して実行して記事が書けないで作業が終わって、

次の作業時間のときも記事書くぞーって思うのにヘッダーってなんなの?カスタマイズできるの?とか気になって検索し続けるという横道ばかり気になって記事を増やせずにいます。

 

なぜならあまりにも初心者すぎて気になることが解決しないままだからw

 

でも記事爆発を経験すると病みつきになりそうです。

 

スポンサーリンク

広告を非表示にする